GIBSON Les Paul Standard 2005′ 50s

こんにちは。
更新が止まっていましたが素晴らしい1本が入荷しました。

1952年にゴールドトップがデビューしてからロックアイコンとして君臨し続けるレスポール。
58年にジュニアとの区別化の為「スタンダード」が生まれました。
スタンダードは「今年のGIBSONはこんな感じでいくぞ」といった代表的なモデルで、
その年の基本、という意味に変わってきています。
以前の仕様が好みだった方のために「トラディショナル」やまた違った仕様の「クラシック」など、
ギブソン・レスポールをずらりと揃えたお店に遊びに行くと
何歳になってもはしゃいでしまいますよね。

この年は評価が…この年はちょっと…
なんてレスポール談義で盛り上がることもありますが、
言わばGIBSONのその年の技術、売り出し方、テーマなどいろいろな意味合いを持って生まれます。
私個人の考え方としては気に入ったレスポールを手に取ってみて
自分のプレイスタイルやワンコードでガツンと胸に響くものがあれば
それが何年製であっても一生ものになるはず…と考えています。
確かにアーティストクラスやヒスコレを触ると唸ってしまうことも多いのですが
中古市場で見かけるレスポールはどれも同じものはなく、自分の欲しいと思うタイミングやその時の好みも大きく関わってきますね。

とは言え、ネックシェイプに関してははっきりと好みが分かれてくるところだと思います。
今回入荷したモデルは所謂50sというしっかりとしたネックシェイプ。
ロックなリフ・プレイに最適な1本です。

是非詳しくご覧ください。





ハードケースが付属します。

とても美しいトップですね。
フレイムメイプルに天然の軽いウェザーチェック。
最高にかっこいいギターの雰囲気を醸し出していますね。



バーストバッカープロをリア、フロントともにマウント。
間違いないピックアップですね。





トップの様子です。
目立った打痕やキズはありませんが天然の軽いウェザーチェックが入り出しています。

電子系統はガリなどなく良好です。

ジャックプレートは角が割れ欠けてしまっています。

セレクター。

2005年よりスタンダードは9桁のシリアルに変更となります。
8桁同様、1桁目が年の十の位、5桁目が年の一の位となります。

お値打ちとなっている部分となります。


このようにネック裏の塗装が激しく割れがあり、パリパリっと剥がれてしまっています。
前オーナーの方も次第に割れて塗装が取れていくと弾くのに支障があるということで
そのまま剥いでしまったようですね。
塗装が残っている面と剥いでいる部分ではっきりと段差ができていますね。
勿論、痛かったり激しくつっかかることもありませんが
気になる方はネック裏の再塗装も検討して頂くと良いかもしれません。
しかし、再塗装してしまうとネック折れ補修痕と誤解されてしまうこともあり
お店としては非常に悩ましいポイントでした。
現状弾けないわけではないのでお値打ちとしてご案内し、次のオーナー様の判断に委ねたいと思います。


ボディバックは擦り傷が少しあるもののそこまで大きなキズはないですね。



入荷時は綺麗に順反りしていたので僅かにトラスを回して調整しました。
調整余地は十分にあります。
メーカーや個体によってトラスロッドの効きはかなり違います。
経験上GIBSONはいつも効きがすごいいいですね。




粘着を弱めたマスキングで保護したあとフレットを軽く磨いていきます。
フレットは残ってはいますが押弦の痕があります。
現状のコンディションでバズったりはしていないですね。



バインディングの塗装も剥げている部分がありますね。
リフレットの履歴もまだありません。

ピックアップカバーの経年劣化に合わせて全体的にパーツも軽くクリーニングしています。

わくわくしてきますね。

Elixerの10-46をセレクト。

付属品としてピックガードが付属しています。
取り付けられる場合は別途ビスが必要になります。
こちらのギターはワンオーナー品で、ネック裏の塗装剥げがあるくらいであとはそこそこ状態の良いギターですね。
弦高12フレットで2.2-1.8mmに調整し、現状のコンディションで音詰まりするポジションもありません。
フロントのたまらなく気持ちよいリードトーンと煌びやかなリアのトーンは、
まさに本家レスポールの安定感を感じさせてくれます。
バーストバッカーはとにかくドライブと相性が良く、
リアにした時の歪みはずっと弾いていたくなるほど心地よいですね。

重量/4.6kg

こちらの商品はネットモールで購入が可能です。
是非ご検討ください。

メンテナンス 掲載 / 店長 高橋雅彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です