YAMAHA SG-35 1974`s

こんにちは。

今回はちょっと珍しい一本です。

 

 

1973年~74年に作られたYAMAHA SG-35ですね!!             作られた期間の短さもあって非常にレアな一本。ブルージーンズ全盛期の頃に出回り流行っていたようです。                   現在のSGの前身とも言えるモデルですね!!

年代もありますが、ひとまず全てバラして綺麗にメンテナンスしていきましょう~

純正のノブですね、一つない上にトップのVol.やToneのキャップも…;

 

ピックアップ周りやブリッジ周辺などもホコリまみれですね…。         弦もサビサビです。

 

フレットも頑固なサビ・汚れと指板もくすんでますね。シリアルはしっかりと刻印されています。74年製のようですね。

 

ずっと妙な違和感を覚えていたのですが、左利きで弦が張られていますね。私がレフティなので少し期待してしまいましたが、ナットをひっくり返しただけで完全に仕様を変えているわけではありませんでした(笑)

 

続いてヘッドですね、こちらもホコリとパーツのくすみ具合が気合入ってますね(笑)

 

とりあえず弦を外してバラバラに

 

 

なりました(笑)

 

モデル名と日付のスタンプがありますね。49というのはおそらく昭和表記でしょう。昭和49年=1974年。製造年は間違いないでしょう。

色落ちしないクローム系に限りこんな感じで磨いていきます。

さて、全てバラして磨き終えますと…

 

こんな感じでだいぶ綺麗になりました!!ボディは塗装の関係もあり取れないところもありましたが、だいぶツヤが戻りました~クロームパーツ類も小綺麗な感じに。

ピックアップの音出しを確認しているとどうしても接触が悪く音が出ないのでトグルスイッチを見てみると、だいぶ金属の劣化があり導通が出来ていない状態でした;現状でもなんとかしようはあるのですが後々を考えるとあまりよろしくないので…。

 

通常のトグルスイッチへと換装しました。純正品も残しているので再換装も可能ではあります。通常の分に換装したおかげで切り替えはバッチリです!!

同様にポットノブも現行の汎用へ換装しました。メンテナンスなどをしまして完成品がこちらです。

 

だいぶ見栄えが良くなったと思います。

ネックの状態良好。フレットの残りは約7割。弦高は12フレットで2.2-1.4mm。悪くないコンディションとなっております!!

独特の太さのサウンドで弦の振動もしっかりと伝わってきますね。

非常にレアな一本です。ルックスもなかなか!!

こちらの商品はネットモールで購入が可能です。

いい感じに雰囲気のあるギターです、オススメですね。

是非ご検討下さいませ!!

メンテナンス・掲載 / 楢木 遙生

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です