GIBSON Cutom Shop Historic Collection 1968 Custom

こんばんは。

当店が自信を持ってお勧めする

ギブソン・ヒスコレの68カスタムのご紹介です。

とにかく気になったのはこのイエローのバインディングの

真新しさ…というか明るさ。

68カスタムのコピーモデルが多く出回ったこともあり、

この個体も誤解されることもしばしば。

それもそのはず。

特に鮎川誠氏と馴染みのある久留米市では

68カスタムの目も厳しいものです。

純正のケースです。

ピックアップはベアナックルに交換されていました。

とにかくコイツが元気がいいです。

オイルコンデンサー。

ポットはギブソン純正ですね。

変に音域を強調したりせず、

素直にパワーアップさせたような印象の

ピックアップ、コントロール。

気づけば1時間近く引き倒してしまったという気持ち良さです。

ベアナックルのRebel Yellというピックアップですが、

カバーにいろいろなデザインがあるようですね。

こちらはVOSのようなくすみを表現して、

実に68カスタムに馴染んでいますね。

トラスロッドも余裕がありました。

ブリッジはGIBSONのABR-1が載っていて

スタッドもヒスコレのもので

テールピースはアルミですね。

ヴィンテージシリーズによくある仕様です。

コントロールノブも変わっていますね。

リフレットされています。

フレット状態とてもいいですね。

ナットも交換履歴があります。

現状交換不要です。

弦高も調整しました。

ネック状態も良好です。

一人で撮影しているので正直難しいです。笑

指板の最終フレットを押さえながら

ピックアップの高さを見つつ、

且つ右手にはカメラを持っているので

ごめんなさい、リアは諦めました。笑

がんばっているのです…

すみません。余談でした。笑

音量差を確認しながら調整してますが

好みもあるのでひとまずはこれで。

ペグはGroverに交換されています。

ネック裏も綺麗ですね。

バインディングですが塗りなおされています。

しかしそれも最近ではないようですね。

いかがでしたでしょうか。

前オーナーがこのギターを買われてから

また店頭に並ぶまでものすごく大事にしていたのが解りますね。

音にもこだわりが強かったのだと思います。

年式も2000年ですから、

しっかり使いながらメンテナンスもされていたようですね。

重量は4.4kgとどっしりしていますね。

是非試奏してもらいたいギターですね。

この粘り強くも抜けの良いサウンドは

絶対ハマります。

こちらの商品はネットモールで購入が可能です。

是非ご検討ください。

 

メンテナンス 掲載 / 高橋雅彦

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です