GIBSON Les Paul Standard 81′

こんにちは。

ゆめモール筑後店より

愛すべき80年代のニア・ヴィンテージレスポールが

入荷です。

なかなかお目にかかれない1本ですので

是非ご覧ください。

当時のケースです。

1980のスタンプがありますね。

出荷とシリアルに1年の差ですね。

PATナンバー入りの純正PUです。

リアもフロントも純正ですね。

ピックガードの取り付けナットが当たったキズですね。

残念ですがピックガードで隠れます。

下部はクロスでの拭き痕のようなものがあります。

(これは入荷前からでした)

ラッカー塗装用のクリーナーを用いて再度磨きあげました。

今回ビンテージなのでビスの磨きは行っておりません。

テールピース、ブリッジは綺麗ですね。

途中で交換した可能性がありますね。

ピックアップカバーもできる限り磨きました。

フレットも磨きました。

しかし、かなり減っていますね。

3割~4割といったところ。

個人的にはすぐにでもリフレット依頼をしたいのですが、

現状調整で音づまりはありません。

(ただ、若干弾きづらさはありますね)

ヴィンテージ品ということで、リフレットに関して

ご購入いただいたお客様にご検討いただければと思います。

その分お値打ちとさせていただいております。

ナットは現状すぐに交換は不要です。

トラスロッドにもわずかに余裕がございました。

バインディングにヒビが見られますね。

この年代だと仕方ない部分もございますが

念のためご覧ください。

ネック裏、特に付け根の部分は塗装がだいぶすり減っており

触ってもわかる状態になっています。

塗装直しやリタッチは必要ないと思いますが

こちらもご確認ください。

ボディバックです。

なかなかキズ、塗装傷みが目立ちますが…

気にされない方は多いと思います。

重量は4.8kgでした。

なかなか重たいですね。

この重量感あるレスポールが好きだという方も

実際多いのですが、

やはりライブで使いたいという方には大事なポイントですよね。

いかがでしたでしょうか。

肝心のサウンドですが、

定評ある通り80年代のレスポールは低音~中音のたくましさは

なかなか他の年代にはない魅力です。

リードサウンドで使いたくなるレスポールはまさに

ハードロック・ブルースでこそ活躍するサウンド。

この魅力的なチェリーサンバーストは

ヘリテイジシリーズとはお求めやすい価格ではあるものの

独自の魅力の詰まった1本です。

まさにGIBSONの歴史を感じられる1本ではないでしょうか。

是非ご検討下さい。

メンテナンス / 安達和弘

掲載 / 高橋雅彦

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です