偽物ギブソンに注意!

ハードオフ霧島店 永濱です。

では続けて例のベースの続きを…と行きたいところでしたが、
弦まで張ったところでネックの接続角度がズレている
ことが発覚しました…

加工が必要になるため、一旦 「弦工房 竜」に入院してもらいます!きっと元気になって返ってくるはず。

そんなわけで更新のネタが飛んでしまいましたが、
今回はストックしておいたネタを一つ。

赤のレスポールカスタム。いやーカッコイイデスネー

まぁタイトルでネタバレしてしまっていますが、そう。

コレ、偽物なんです!!

もちろん販売できるものではないのですが、真贋判定のサンプル、資料として入手することができました!今後少しでも流通を防ぐことが出来るように分解して細部を見ていこうと思います!


まずはボディから…とはいえここだけで判断するのは難しいです。というわけでちゃちゃっと次に。


ヘッドです。Gibson偽物あるあるとして、
「トラスロッドカバーが3点止め」というのがありますが、こちらは2点止め。ぐぬぬ…。個人的にロゴだけで判断するのは危険だと思っているので、そこはスルーしてトラスロッドカバーオープン


偽物ポイント①!トラスロッドナットが六角の穴が開いたタイプになっています!本物の場合はコチラ。


本物にはボックスタイプのロッドが使われています。(在庫の都合上により写真はアコギですが)

おまけ

よくみるとすごく頑張ってるロッドカバー(笑)

とはいえ中古でGibsonが売られていて、「大丈夫かな?」と思っても勝手にトラスロッドカバーをあけるわけにもいかないですよね。……ダメですよ?(笑)

というわけで次の真贋判別ポイント、ネック部分を見ていきます。ここも大事なポイントです!!


偽物ポイント②!フレットです!…といっても比較しないとわからないと思うので、本物の画像も貼ります。(例によってアコギですが…


ちょっと分かりにくいと思いますが、本物の場合は、
フレットの両端がバインディングと一体化したようになっています!!ギブソン以外でこの仕様のものは見たことがありません。
レスポールのコピーモデル、最高峰とも言えるNavigatorのモデルでもこの使用は再現されていません!!

ただし注意点が2点ほど。

①バインディングレス(LPスタジオなど)は除く!
…バインディングがないので。しょうがないです。

②フレットを交換している場合
残念ながらフレット交換を行うとこの仕様は失わざるを得ませんん…。
指板修正&リフレットを行ってもらったES-335です(本物ですよw)

というわけで「フレットの仕様が違う!偽物だ!!」といくわけにもいきません。なので店に並んでるギブソンがこうなっていたら、「フレット交換してあるんですか?」と聞いてみるのをオススメします。

 

…次回に続く!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です