ピックアップの高さに関して その②

エレキギターの音のキャラクターを左右する要素はいろいろありますが、最も手軽にイジれるのがピックアップです。

前回お話した通り、ピックアップは弦の振動を電気の信号に変換するマイク部分です。非常に重要な役割を果たします。

では、今回は早速調整方法についてです。

P.Uはマウントされている位置によって呼び名があります。ブリッジに近い方をリアP.U、ネックに近い方をフロントP.U、その間にあるのをセンターP.Uと呼びます。

写真1 フェンダータイプのシングルコイルP.Uはピックガードマウント。大きめのプラスドライバーで調整。

写真2 ハムバッキングP.Uは小さめのドライバー。モデルによってプラスとマイナスがあります。画像はエスカッションマウント。

写真3 ポールピースが可動式のモデルはここでも調整が可能。各弦毎に高さを変えられます。

高さ調整は左右にあるネジを回して行います。P.Uがピックガードやエスカッションにマウントされているモデルは時計回りで高さが上がります。逆回しで下がりますが、緩めすぎるとP.Uが下に落ちてしまうので注意が必要です。

P.Uがボディーに直接ネジ止めされているタイプをダイレクトマウントと呼び、ベースに多いです。この場合は時計方向で高さが下がり、逆で上がります。こちらも緩め過ぎるとP.Uが外れますので注意です!

上画像のように片手で最終フレットを押さえてもう片方の手でポールピースと弦の距離を測ります。

高さ調整をする前に現状の高さをまず把握しておくことをおすすめします。調整している間に訳が分からなくなった時に元に戻せるようにする為です。
定規は画像の物のように端がゼロになっているものを使用してください

ピックアップ高さの目安

①ストラトキャスターのようなシングル3ピックアップの場合1弦で2ミリ、6弦で3ミリ程度。これ以上近づけると磁力が弦振動に悪影響を与える可能性が高くなります。

②レスポールのようなハムバッカー2ピックアップの場合は1弦で1,5ミリ、6弦で2ミリ程度

③ベースの場合は磁力よりも弦振動のエネルギーの方が圧倒的に強いので磁力で引っ張られると言う事はほとんど起きませんが、その代わり弦の振幅が大きいので近づけ過ぎると弦が振動した時にピックアップに当たってしまいビリ音になる事があります。
ベースのピックアップの場合は1弦で2ミリ、4弦で3ミリ、5弦で3,5ミリくらいが限度です。

では、続きはまた次回

ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です