ギター 弦高調整 オクターブ調整 について

こんにちは、ハードオフ南熊本店の井上と申します。

前回はギターの弦について少し書かせていただきました。

今日は弦高の調整オクターブ調整に関して書きたいと思います。

何か1つでも参考になる事がありましたら幸いです。

弦の種類やゲージを変えた時、また季節の変わり目などはネックの状態と合わせてこれらもチェックしたいポイントです。

弦高に関しては高すぎると弾きにくいですし、低すぎると弾き易いのはいいけれど音のビビり、音詰まりが発生したりと、ギターの調整において重要なポイントです。

つまり、ギターの弾きやすさを大きく左右する重要なポイントでもあります。

弦高は人によって高いほうが良い、低いほうが良いという好みはあるかと思います。

高さで言うと本当に何ミリかの違いになるわけですが、弦に触れてから、指板・フレットまで抑え込むまでのフィーリング。これは弦高により大きく変わってきます。

オクターブ調整も非常に重要です!

上級者の方や長年ギターをされている方なら、そんなの常識な話かもしれませんが・・・

オクターブ調整とは、簡単に言うと、ハイポジションで音を鳴らした時のピッチのズレを調整する作業です。

解放弦やローポジションでの演奏時は問題無いのですが、ハイポジションで演奏した際に、これがズレていると正しい音程が出てくれません。

例えばハイポジションでギターソロを演奏する際などに、押さえているポジションは間違っていなくても、正しい音程からズレて聞こえたり、音が揺れて聴こえてしまいます。結果、なんだか心地よくない演奏になってしまいます。

また、練習で正しい音感を身につけるという上でもズレたまま弾くのは良くありません。

ですので、ライブ前や、スタジオでのレコーディングの前などには必ず自分のギターをチェックして調整しておきたいところです。



 

では、調整についてですが、

まず、これらの調整をする前に大事な事があります。

それは、ネックの状態チェックです!

反っていたり波打っていたりするとこれらの正しいセットアップがまずできません。

[ネックの状態チェック]

まず、弦を張り、チューニングをしっかり行った状態で、ネックの反りをチェックします。

ネックが反っているかどうか目視でわかるという方もいらっしゃるかもしれませんが、最初は難しいので簡単な方法をご紹介します。

※これはフレットの状態が比較的良いギターの場合に有効な方法です

①各弦の1フレットと最終フレットを指で押さえて、12フレット上から弦までの高さを見ます。

ハガキ一枚分くらい空いていれば正常です。

それより隙間があれば順反り、隙間が無ければ逆反りということになります。

これを1F~12Fの間、5F~最終Fでも同様に押さえてそれぞれ中央のフレットと弦の間隔をチェックするとなお良いです。

ネックの反りを直すには、ネックのトラストロッドと呼ばれるものをドライバーやレンチで回して調整します。

※実際にトラスロッドを調整する際は、弦を緩めてから六角レンチやドライバーで回します。まずは4分の1回転ほど回し、状態を見ながら調整します。

順反りの場合⇒トラストロッドを締める(時計回りに回す)

逆反りの場合⇒トラストロッドを緩める(反時計回りに回す)

[弦高調整]

ネックのチェックが終わったら次に弦高調整です。

先ほど弦高の高い低いは人それぞれ好みがあるという話をしましたが、一般的な数値についてご紹介しておきたいと思います。

写真のように、12フレット上にまずスケールを当てて、弦高を確認します。弦を何も押さえないままの状態で、弦の下側からフレットまでの距離を計ります。

6弦側が1.8mm~2.5mmぐらい

1弦側が1.2mm~1.8mmぐらい

が一般的な高さです。

ちなみに、フレットにR(カーブ)があるタイプと、フラットタイプなどでも調整は微妙に変わってきたりと大変奥が深いです。

↓面白いサイトがあったので貼っておきます。

http://player-maintenance.seesaa.net/category/5128808-1.html

さて、弦高調整なのですが、

ストラトタイプではこちらの部分(テレキャスターも同じですね)

レスポールタイプではこちらの部分

を、それぞれネジを回して弦高の調整を行っていきます。

(※この際、必ず弦を緩めて行います)

[オクターブ調整]

ここまで出来たら、いよいよ最後にオクターブ調整です。

※ここで1つポイントなのですが、オクターブ調整は必ず新しい弦で行って下さい。

①まず、チューナーを使ってしっかりチューニングします。

②次に、各弦それぞれの、12Fのハーモニクス音と12Fを押さえた音とをチューナーで比較し合わせていきます。下の写真のように、

◆ハーモニクスより、実音が高い場合はサドルを後ろ(ボディエンド側へ)

◆ハーモニクスより、実音が低い場合はサドルを前(ネック側へ)それぞれ移動させます。

写真のように、ブリッジのサドルの位置を変えて調整します。

原理としては、

サドルから12Fまでの距離が短くなると音が(上がる)高くなる

逆にサドルから12Fまでの距離が長くなると音が(下がる)低くなると覚えると覚えやすいかと思います。

それでは、今回はこのあたりで失礼します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です